照明も使い方次第でかなりの節電になります

オフィスで照明をつけっぱなしにしていませんか。
オフィスでは、十分な灯りがあるにもかかわらず、1日中照明をつけっぱなしにしていることも少なくありません。
オフィスだけでなく、家庭でも、少し照明を工夫するだけで、大きな節電の効果を実感することができます。
照明で節電をしようとした場合、一番手軽にできる方法は電球をLEDに交換することでしょう。
メーカーにもよりますが、白熱電球をLED電球にするだけで、消費電力を80%カットすることができるそうです。
ただ、すべての電球をLEDに交換するには、それなりの費用がかかってしまいます。
できるだけ費用をかけず節電するには、どうすれば良いのでしょうか。
まず、自然光を上手く利用しましょう。
オフィスや家庭では、自然光が入り込むようなところは照明を消しましょう。
自然光を利用することで、余計な電力を使わなくても済みます。
自然光を利用できるかどうかは、立地やその時の天気によって変わってきますが、利用できるのであれば消費電力を大きく減らすことも可能です。
そして、人がいない時や灯りが必要ない時は、こまめに消すことも大切です。
面倒に思われるかもしれませんが、これほど確実に消費電力を減らせる方法はありません。
上記2つの方法は、いつでも誰でもコストをかけずにできることです。